FC2ブログ

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精大戦争礼讃

カテゴリ:東方

2011/12/31

もう2011年の大晦日。

今年を振り返る、というテーマは特に面白くないので、
この機会に改めて主張しておきたいことがある。

「東方歴代作品の中で、ゲームシステムの完成度が一番高い作品」
もしくは
「端的に言って、一番面白い作品」

『妖精大戦争 ~ 東方三月精』
であると。

ゲームシステム上の評価は、
エクステンド、パワー、ボム、スコアが有機的に関連しているということに尽きる。
他の作品における、パワーマックスの時のP符の存在の無意味さや、
クリア重視とスコア重視のプレイスタイルの深刻な乖離という問題を、
完璧に解決していると言えよう。

そして、妖精とエブリエクステンドシステムのキャラクター上の一致、
深刻な要素を微塵も感じさせない、ゆるい世界観とゲーム内容との一致、
そして何より、弾幕を凍らせるという直感的にわかりやすい快楽の発生、
こうした諸要素全てが、ゲーム内で見事に融合している。

今後東方作品が創られ続けても、
システム的にこれを超える作品は難しいんじゃないか、と密かに思っている。

というわけで、『妖精大戦争』は傑作だよ、という言葉で、
2011年は締めくくろうと思う。

良いお年を。
関連記事
スポンサーサイト

 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://abysmalhypogeum.blog91.fc2.com/tb.php/57-9a74cd08

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。